単勝1番人気の勝率(敗退率)と複勝率~JRA芝重賞~


利用料 15,000円/年

単勝1番人気の勝率(敗退率)と複勝率

下のグラフは、フルゲートが18頭制となった1992年から2016年までの芝の重賞レースで、単勝1番人気の着順の内訳を表したものです。



グラフを見てわかるとおり、1番人気の勝率は3割ほどです。
早い話、7割の1番人気が負けるということです。
けれど、勝利数が一番多いのも1番人気。
そこでもう少し突っ込んで調べてみると…。
1番人気が勝利した時の2着と3着は、7割以上の割合で8番人気以内の馬がくるということがわかりました。
的中率にこだわるなら、1番人気の頭を軸に固定して、2着、3着に2番人気~8番人気の馬で組み合わせるというのが3連単ではベストな買い方だと思います。
けれど、このような馬券は配当的な妙味は全くありませんから、買い方によっては当たってマイナスなんてことにもなりかねません。
負ける確率のほうが高い上に妙味が薄いとなれば、少し割り切って考えた方が良いかもしれません。

さて、いくら1番人気の勝率が悪いからといっても、完全オミットしてしまうのは早計です。
複勝率でみたら6割。
安易にオミットしては、高額配当になった時にホント後悔します。
そこで基準となるのが、3連単の配当は500倍以上の馬券が過半数だということです。
これを基準にして馬券を買うと、買い目も相当絞れるはず。
万一、馬券が外れても、安めなら案外納得できるものです。

JRAの芝の重賞は年間113レース。
数字から考えると、1番人気が勝利するレースは年間35レース前後。
一方、馬券圏外に消えるレースは年間50レース前後。

あなたはどちらの数字に着目しますか?


↑ PAGE TOP